制服・校章|東京都八王子市の私立中学校・高等学校【八王子学園八王子中学校・高等学校】

学園紹介

Introduction

TOP > 学園紹介 > 制服・校章

制服・校章

制服

モノトーンでまとめられた落ち着きのあるイメージと、シンプルで機能性に優れた制服です。アイテム数も必要最小限に絞り込み、無駄を極力省いたものとなっています。細部までよく配慮されたデザインとシャープなカッティング、丁寧な縫製と仕上げが、端正な印象を作りあげています。また冬には指定のコートも用意されています。

中学制服

  • 中学校 冬服
  • 中学校 カーディガン
  • 中学校ベスト

高校制服

  • 高等学校 冬服
  • 高等学校 冬服・カーディガン
  • 高等学校 夏服・ベスト
  • 高等学校 夏服・カーディガン

校章

  • 自立した人材の育成生活習慣を身につける
  • 本校の校章は桑(くわ)の葉です。八王子には石器時代から集落がありました。平安時代には朝廷の牧(まき)が置かれ、馬が飼育されていましたが、小野氏・横山氏の領地となり、室町時代に北条氏の支配地となった頃から養蚕が盛んになりました。その後、江戸時代には「桑都(そうと)」と呼ばれるほど、養蚕や絹織物業が栄えました。昭和30年頃までこれが続き、伝統的地場産業として続いて来ました。本校の校章はこの地の歴史のあゆみを示す桑の葉を徴したものです。特に中学の校章は昭和8年、学校名を「八王子中学」と改称した時に制定したものです。